You are here: Home » php » wordpress公式TwentySixteenのsearch.phpの説明

wordpress公式TwentySixteenのsearch.phpの説明

baby

wordpress公式TwentySixteenのsearch.phpの中身に解説です。phpとwordpressのテンプレートタグについてです。

 

TwentySixteenのsearch.phpの中身

スポンサーリンク

search.phpはサイト内検索の結果ページに使われてます。

 

<?php get_header(); ?>でheader.phpを読み込んでます。

 

 

TwentySixteenのsearch.phpのif文

 

 

 

have_posts() で記事を含めたループできる物があるか調べてます。ある場合true、ない場合falseを返します。

 

 

 

printf(); でフォーマットした文字を出力するようにして

esc_html( )はhtmlタグをエスケープ、サニタイジング、無害化します。その引数にエスケープするテキストを記述するのですが、get_search_query() を記述しているので、検索した文字を取得して、printf()で出力してます。

 

つまり、検索文字が <> で囲われたものの場合ただの文字として表示するために記述です。 .

 

TwentySixteenのsearch.phpのwhile文

while ( have_posts() ) : the_post(); で投稿があるかどうかを調べて、一つずつ出力しなさいという命令です。

get_template_part(); はテンプレートのファイルを取得するタグで、引数でtemplate-partsフォルダのcontent-search.phpを取得してます。

endwhile; でwhile文の終わりです。

 

the_posts_pagination でページャーを出力してます。引数でそれぞれの文字を決めてます。

 

もし検索結果がない場合や出力するのもがない場合

else: で
get_template_part( ‘template-parts/content’, ‘none’ );

この記述が働いて、content-none.php を出力します。

 

endif; でif文のおわりです。

スポンサーリンク

get_sidebarでsidebar.phpを出力して

get_footerでfooter.phpを出力しておしまいです。

スポンサーリンク

コメントを残す