You are here: Home » php » wordpress公式Twenty Sixteenのarchive.phpの説明

wordpress公式Twenty Sixteenのarchive.phpの説明

alpaca

wordpress公式Twenty Sixteenのarchive.phpの中身がどうなってるかの記事です。

phpとwordpressのテンプレ―トタグについてです。

スポンサーリンク

Twenty Sixteenのarchive.phpの記述

 

<?php get_header(); ?>

でheader.phpを呼び出してます。

Twenty sixteenの arcive.phpのif文

 

 

 

HTML5とCSS3のクラスが混じってますが、if文の始まりです。

 

 

have_posts() でループできるものがあるか調べてます。

 

the_archive_title(); でカテゴリーのタイトルを出力します。();引数の中にhtmlやcssを書くこともできる。

コアの中の wp-includes/general-template.php に以下の記述がありこれで動いてます。

 

 

似たようなタグget_the_archive_title(); がありますが、これは変数を取得する関数で、the_archive_title(); はそのまま出力します。

 

スポンサーリンク

Twenty sixteenの arcive.phpのwhile文

 

 

while文で繰り返すループが始まり、 (  have_posts() ) : the_post(); で投稿があるかどうかを調べて取得します。

 

 

 

get_template_part はテンプレートを取得するタグで、 ( ‘template-parts/content’ ) とすることで、template-parts フォルダにある、content.php を読み込んでます。

get_post_format(); で投稿フォーマットを返してます。

endwhile; でwhile文を終了します。

 

 

the_posts_pagination でページャーを表示してます。

引数は

‘prev_text’ => __( ‘前のページとか書く’ ),

‘next_text’ => __( ‘次のぺ―ジとか書く’ ),

 

wp-includes/general-template.php にある

が引き金になってるっぽい

 

 

もし投稿などがない場合、以下の記述で content-none.phpを出力します。

 

 

サイトバーとフッターを出力して終わり。

スポンサーリンク

コメントを残す