You are here: Home » php » wordpress公式Twenty Sixteenのsingel.phpの説明

wordpress公式Twenty Sixteenのsingel.phpの説明

microphone

 

Twenty Sixteenのsingel.phpの中がどうなってるかの解説?説明?。(どっちだ?) phpとwordpressのテンプレートタグについてです。

 

また、wordpressは更新に伴い、中の記述も変更されます。テーマやプラグインに関しても同じで、解説はこの記事を公開した時点での物になります。

スポンサーリンク

twentysixteenのsingle.phpの中

twentysixteenのpage.phpの中身は以下のようになってます。

 

 

 

 

 

get_header(); でheader.phpを呼び出して表示してます。

 

 

Twenty Sixteenのsingel.phpのループ

 

 

 

have_posts()で記事があるかどうかを判定して、the_pots()で記事を取得を、while文で繰り返しなさいという記述です。

page.php に同じ記述があるのですが、ほとんど機能が変わりません。

 

次にget_template_partがあるのですが、これは(主にオリジナルの)テンプレートを読み込みます。という記述で下の場合は、template-partsフォルダにある、content.phpを読み込む…と見せかけて、content-single.phpを読み込みなさいをという記述です。

この記述もpage.phpにあるのですが、 ‘singel’ の部分だけ違います。

 

 

 

次にコメントの部分なのですが、page.phpと同じで変わりません。唯一変わるのは、デフォルトでコメントフォームが公開されてます。

comment.phpが出力されます。

 

 

if 文の続きページャーです。

is_singlar(); は投稿(全ての種類)が表示されているかチェックします。その場合以下の関数がtrueであるかどうかチェックします。

 

 

これらの関数のうち一つでもtrueならtrueです。

 

しかし ‘attachment’  とはなんなの?

 

wordpressには用意された投稿タイプがいくつかあります。

post 、page 、 attachment 、revision 、 nav_menu_item です。

postは投稿、pageは固定ページ、revisionは更新履歴、nav_menu_itemはナビゲーションメニュー   attachmentって?

 

attachmentはアップロードされた様々な情報をwp_postmeta テーブルに格納、リンクするようになってます。

ここからは多分、mysql側で取得するする際に’attachment’の記述があると後で情報をデータベースで取り出しやすいのかもしれない。

なぜか?上に書いたコード is_singular( ‘attachment’) の部分のループは無くてもとりあえずページャーは動くからです。

 

elseif の項目です。主にこちらが出力されてます。

スポンサーリンク

で投稿があるか判定して

 

the_post_navigation で投稿記事のナビゲーションを出力してます。

デフォルトはこんな感じ(中身は、get_the_post_navigation と同じ感じ)

 

endwhile; でwhile文を終わらせてます。

 

 

おなじみの get_ ほにゃららでテンプレートを呼び出して表示してます。

スポンサーリンク

コメントを残す