You are here: Home » php » 公式wpテーマtwentysixteenのindex.phpの中身解説(簡易版)

公式wpテーマtwentysixteenのindex.phpの中身解説(簡易版)

sunset-1331088_640

現在最新のwordpressの公式テーマtwentysixteenのindex.phpの簡単な説明です。phpとテンプレートタグについてです。記述は以下のようになってます。今のところは

スポンサーリンク

twentysixteenのindex.phpの中身

でheader.phpを読み込んでます。

 

 

でループできる物があるかチェックしてます。

 

is_home()でブログのトップページが表示されているかどうかをチェックして、is_front_page(設定 > 表示設定 で最新の投稿にチェックが入っている場合と固定ページでフロントページを選択してる時にtrueです)

がフロントページが表示中かどうかをチェックするはずですが、! がついてるので、それ以外の意味です。

この二つに間に &&(右左、共にtrueの場合にtrue) が入ってるので

ブログ投稿インデックスページの意味です。(これはわかりづらい)

 

上の条件を満たした場合、single_post_title();で記事のタイトルを出力します。

 

上記の記述を読み込み終わったら、以下の記述が働きます。

投稿・固定ページを1件ずつ表示していくの意味です。

 

get_template_partで別フォルダにあるtemplate-parts/content を読み込んで、get_post_formatでアサイドとかの投稿フォーマットを返してます。

 

ページャーです。ページネーションです。

the_posts_paginationでページャーを定義して、それをarrayで配列にして、
prev_textで前のページャーを表示、文字はPrevious pageにして、

next_textで次のページャーの文字を表示、文字はNext pageにして、

before_page_numberでページ番号の数字を出力

 

上記の条件満たさなければ、

この記述で、template-parts/content-none.phpが読み込まれ

「何も見つかりませんでした

お探しのものが見つからないようです。検索すると良いかもしれません。」

とでます、これもcontent-none.phpで英語が自動で日本語に翻訳されてます。

スポンサーリンク

でside.phpの読み込んで

で、footer.phpを読み込んでます。

こんな感じです。

スポンサーリンク

コメントを残す