You are here: Home » php » wordpressカスタムメニューregister_nav_menusの使い方

wordpressカスタムメニューregister_nav_menusの使い方

cloves

register nav menuとregister_nav_menusもカスタムメニュー関係のテンプレートタグです。

register nav menu はカスタムメニューを一つずつ追加します。(こっちはメリットがあんまりないのでほとんど使いません)

register_nav_menus はmenusですので、カスタムメニューを一度に複数追加することができます。(こっちの説明を主にします。)

スポンサーリンク

register_nav_menusの使い方

使い方は、以下の記述をfunctions.phpに記述

twentysixteenの部分はテキストドメインですので、使ってるテーマにの名前をいれてください。

 

register_nav_menusを定義して arrayで配列を組んで、登録するメニューを記述します。

上記の場合、Primary MenuとSocial Links Menuというメニューが登録されてます。

‘primary’ => __( ‘Primary Menu’, ‘twentysixteen’ ),
‘social’ => __( ‘Social Links Menu’, ‘twentysixteen’ ),
つまり、複数一度に登録することができます。

 

どんな感じで登録されるかは、外観⇒メニュー⇒位置の管理に、Primary MenuとSocial Links Menuが翻訳されて、以下のようにメニュー画面に表示されます。

menu-5

Primary Menuがメインメニューに翻訳されます。

Social Links Menuがソーシャルメニューが翻訳されます。

翻訳される理由はwordpressの国際化に伴いでてきた、__();という翻訳専用のタグが使われているからです。翻訳タグの_();と_e();についてはこちら

 

スポンサーリンク

カスタムメニューを出力する場合

出力する時は、header.phpなどの任意のファイルに以下を記述

大事なのは、’theme_location’ => ‘Primary Menu’,の部分です。theme_location で使うメニュー(この場合、Primary Menu)を指定して <?php wp_nav_menu( $defaults ); ?> の記述でブラウザに出力する感じです。

出力する際の詳しいことはこちらに書きました、wordpressのカスタムメニューwp_nav_menuの使い方

スポンサーリンク

コメントを残す