You are here: Home » ECサイト » 本当に安心できる通販サイト運営の方法とか

本当に安心できる通販サイト運営の方法とか

cat-1285634_640

 

安心して通販サイトを運営するには?

通販サイトは大事な顧客のデータを扱うので、セキュリティリスクは思ってるより高いです。

多分、通販サイトを始めようと考えてる方々は通販で売って売って売りまくって大儲けできると都合のよいことばかり考えてる人がいるかもしれませんが、妄想はその辺でやめてください。都合の良い妄想してるようでは間違いなく売れません。

それどころかセキュリティを破られ顧客情報が流出して会社が倒産なんてことも…最悪あります。

スポンサーリンク

最低限セキュリティに必要な環境と費用

先に答えを書いておきますが、一番安全なのはスタンドアローンです。しかし、それでは意味ないのでネットに繋ぎます。

 

このブログで何度か書いてますが、wordpressなどの共通した環境で大事なデータを管理することはあまり良いとは言えません。

出来れば自社サーバーを建てて、光回線を二本(片方が死んでもどちらかが稼働する仕組み)つないで、小規模通販サイトなら低スペックなパソコンで良いので、入口のサーバーを二台(どちらかが死んでも片方が残る仕組みを作る)、顧客のデータ管理に一台、管理者アクセス用に一台、サイト本体用に一台、決済用に一台くらいあれば本当は良いと思います。計5、6台のパソコン(サーバー)で管理するべきです。本当は…

多分これくらいの規模のサーバーを建てると、大体40万の費用(もっと高いかも?)です。さらに24時間電源を入れっぱなしなので、エアコンなどの電気代だけで最低でも月に15万円の費用がかかります。さらに24時間管理してくれる人の人件費で50万円程度必要で合計70万円〜100万円は必要だと思います。あくまでも最低金額です。

 

つまり、安心安全に通販サイトをやろうとしても、実際はかなりの売り上げが見込めないと、安心して通販サイトは運営できまないということです。

 

こういった高いハードルがあるので日本の通販サイトは、楽天かヤフーなどの大手しかまとも運営できないということです。また、メルカリの場合は第三者割当や他企業とも業務提携などで数億円規模の資本を増やし、他の通販サイトも他の収益源があるから単純な通販事業もやってるイメージです。(僕のイメージです)

 

ということで、小規模サイトは実際はほとんどレンタルサーバーを借りて通販サイトを運営してるところが多いです。

スポンサーリンク

メリットよりも先にデメリットを考えてください。

通販サイトを今考えてるなら、まずデメリットを考えるべきです。簡単に通販サイトを作って簡単に自社の商品を売って大儲けなんてことはほとんどありません。

まず、初期費用、運営費、セキュリティリスク、見込み客、ライバルサイト、万が一個人情報が漏れたときの謝罪費用などの捻出のために安定した収益源があるのか?など、出来るだけネガティブな事を考えてやるべきです。それでも、通販事業を絶対にやりたいのならやるべきだと思います。

 

商品が必ず必要で他のサイトで扱ってないなら良いのですが、ほとんどの商品はアマゾンや楽天で手に入ります。つまり、商品が売れない前提で始めるべきです。そこから、どうやったら売れるかのフローを作るかにかかってると思います。

スポンサーリンク

コメントを残す