You are here: Home » ECサイト » woocommerceのショートコードで簡単に商品とかを表示する方法

woocommerceのショートコードで簡単に商品とかを表示する方法

椅子

woocommerceには便利なショートコードがあります。そのなかで特に必要だと思うものを書いておきます。

 

woocommerceをインスト―ルすると、ショップページやアカウントページなどで最初から便利な固定ページが出来ますが、全てショートコードです。それらにほかのショートコードを追加して、独自のページに仕上げたり、カテゴリ別表示やsku表示やidのみの表示ができます。

スポンサーリンク

カート

My Account

などです。

 

商品の表示のショートコード

カテゴリーで表示

商品カテゴリのスラッグ(英数字)を記述するだけで、そのカテゴリの商品が表示されます。デフォルトの表示数は12個です。

ほかにもいくつかの引数があります。

 

IDかSKUで表示

 

引数

この二つを使えば大体どんな商品でも表示させることができるはずです。

スポンサーリンク

あとは

[woocommerce_order_tracking] = 顧客が商品注文したあとの状況を確認することができます。

を使ったページを表示しておけば、顧客に優しいサイトになるかもしれません。

 

注意点として、ページャーの表示はショートコードのデフォルトではできません。商品が沢山あるサイトの場合、ファイルをカスタマイズする必要があるはずです。

woocommerce/includes/class-wc-shortcodes.php
woocommerce/includes/shortcodes/class-wc-shortcode-cart.php
woocommerce/includes/shortcodes/class-wc-shortcode-checkout.php
woocommerce/includes/shortcodes/class-wc-shortcode-my-account.php
woocommerce/includes/shortcodes/class-wc-shortcode-order-tracking.php

この辺のファイルをカスタムカスタム…疲れるわ!

 

ページャーを付ける場合、メニューの商品カテゴリなどで一括表示したほうが使いどころは限定されるかもしれないが、絶対早いです。

 

woocmmerceのショートコード専用プラグインもあるらしいのですが、二年間更新されてなかったのでおすすめはあんまりしません。

WooCommerce Shortcodes

ショートコードくらいなら、自分で書いたほうが早いはず。

その他の、woocommerceのショートコードに関しては配布元のwoothemesへどうぞ

Shortcodes included with WooCommerce

スポンサーリンク

コメントを残す