You are here: Home » php » phpの配列arrayの使い方(初心者用)

phpの配列arrayの使い方(初心者用)

配列の使い方と説明の記事です。

変数はいわゆる箱のイメージはのですが、配列はその箱を複数もった変数と思っていいはずです。

 

phpの配列の特徴

配列には複数の変数(データ)を入れることができます。複数の変数を入れることができるので、使いやすいようにインデックスと呼ばれる番号がついてます。配列にはそのデータと番号を同時に格納することができます。様々な構文と一緒に使うことでプログラムを組み込んでいくことになります。

 

こんな使い方はほぼしないのですが、上の文の出力結果は「 日本 」になります。

echo “$a[0]”; の[0]は配列の上から順位0,1,2,3,4,5と数字が自動的に割り振られています。(コンピューター言語の特徴で数を数える時はほとんどの場合、0,1,2,3,4,5と0から数えることが一般的です。)

ですので、 echoで配列$aの0番を参照(今回の場合出力)するということ「 日本 」になります。

 

これを応用すると、上のように書くことができます。

echo “$a[2]”;ですので、0,1,2の2が参照されます。つまり配列の上から三番目にあるインドが参照され出力されます。

スポンサーリンク

ほとんどの配列はarray関数を使う

array関数は () の中を 「,」カンマで区切って複数のデータを格納することができます。

上の場合の出力結果は、配列の7番目の「ドイツ」になります。

php5.4から arrayを付けずに [] で書くこともできます。

こんな感じで書いても同じ振る舞いをします。すっきりしますが、個人的にはphpはサーバー依存の言語なので、使うすべてのサーバーがphp5.4以降とは限らないと思ってます。僕の場合は安全に?するためにarrayを使うことが多いです。

スポンサーリンク

explode関数も配列を作成できます

explode関数は区切り文字を文字列で分割して配列する仕組みです。

スポンサーリンク

コメントを残す