You are here: Home » Illustrator » illustratorでレース模様の作り方

illustratorでレース模様の作り方

illustratorで簡単にレース編みの作り方の解説です。
ゴリゴリやりません スッと作ります。

完成図

完成図

スポンサーリンク

簡単にやるためにまず、メニュー→表示→グリッドを表示と、その下あたりにある同じくグリッドにスナップを二つともクリックします。

その時、環境設定→ガイドグリッドでグリッド6mm、分割数2にしておいたほうが良いです。

グリッド6分割数2

線の単位もptにしてください。

グリッドを表示したら、一マスの円を作り、それを複製して、こんな感じで作ります。並べます。

円複製並べる

 

並べるのは結構適当で大丈夫です。

 

いくつかの円の辺をダイレクト選択ツールで選択して、対象になるようにdeleteかbackspaceで削除していきます。

円複製並べる、辺を削除

辺だけです。円を丸ごと削除はしないでください。削除したら線の太さを任意で太くしてください。

 

スポンサーリンク

 

選択した状態のままメニュー→パス→パスのアウトラインをクリックします。線から画像にします。

 

元のオブジェクトが出来たら、パスファインダパネルの左上にある合体ボタンを、altかoptionを押しながら、クリックして拡張前の状態にします。

altかoptionを押しながら、拡張前の状態

 

 

そのオブジェクトをパターンブラシに登録します。ブラシパネルにオブジェクトをドラッグするだけです。

パターンブラシオプションパネルが現れたら、彩色→色合いを付けるを選択してブラシに登録します。そのほかはデフォルトのままで大丈夫です。

新規ブラシパターン

色合いを付ける

色合いを付ける

楕円ツールで適当に塗り無し、線のみの正円を作ります。大きめの方が良いかもしれません。

正円

 

さっき登録した、パターンブラシを正円に適用します。

変な画像

 

変な画像が出来上がりますが、線の太さを0.5ptあたりにしてみてください、綺麗な模様になると思います。

綺麗なレース

 

線の太さを変更したり、円をもう一つ作って

重ねるレース

 

こんな感じにもできますし、レースのオブジェクトを回転させて、

回転レース

密度を上げることもできます。

スポンサーリンク

コメントを残す