You are here: Home » Illustrator » イラレcs6で写真に文字を流し込み不透明マスクでカッコよくみせる方法

イラレcs6で写真に文字を流し込み不透明マスクでカッコよくみせる方法

文字を流し込んでちょっとかっこよくみせる方法

デザインでよく使われるやり方で、対象物に対し文字を流し込み、文字だけでシルエットを作る方法です。…90年代に流行った気がする。

スポンサーリンク

作り方

まず、画像を適当に選んで配置します。

おすすめフリー画像サイトPixabey

 

画像をトレースします。ウィンドウ→画像トレースで下のパネルが出てきますので、プリセットを3色変換、カラーモードをグレースケールにしてトレースをクリックします。

こんな感じで画像が3色になりますので、メニュー→分割・拡張したあと、グループ解除します。さらに、3色の同じ色ごとに一つのグループにします。

分割・拡張して

分割・拡張して

グループ解除して

グループ解除して

この画像の場合、人物の背景の薄い茶色と濃い茶色のどちらかを選択したら、メニュー→選択→カラー(塗り)をクリックします。

選択→カラー(塗り)をクリックすると同じ色のオブジェクトが選択されるので、メニュー→オブジェクト→グループ(ショートカットcommand(ctrl)+G)でグループ化します。

もう一つの茶色のオブジェクトも同じ要領でグループ化します。

 

不透明マスクで文字の流し込み

画像と同じ大きさのオブジェクトを用意して元画像の上に重ねます。

重ねたオブジェクトでエリア内文字ツールを使い英語とか文字を流し込みます。(海外サイトから適当にコピペして、適度に無意味な文章にしました。)流し込んだらメニュー→編集→カット(ショートカットcommand(ctrl)+X)でカットします。

 

 

さっきグループ化したオブジェクトのどちらかを選択して、透明パネルから、不透明マスクを作成を選択します。今回は濃い茶色を先に選択しました。

不透明マスクを作成して、透明パネルの黒の四角をクリックして、さっきカットした文字をメニュー→編集→同じ位置にペースト(ショートカットcommand+shift+V)でグループ化したオブジェクトに流し込みます。

スクリーンショット 2015-09-14 22.44.31

文字の色を白に変えると、背景の色が現れ文字にマスクされた状態になります。その後、不透明マスクの編集を終了します。オブジェクトに文字が綺麗に配置されました。

 

なぜこんなことが?

不透明マスクはマスクオブジェクトを不透明にします。そのさいパネルのクリップにチェックを入れてると、クリッピングマスクの効果も与えることができます。

クリップにチェックを入れて不透明マスクモードになって文字を流し込むことは、不透明の文字をクリッピングマスクで形どることです。文字の色を白くしたのは単純に不透明マスクでは黒は透明扱いになるので、白以外でも色の濃さが違うだけで大丈夫なはずです。

不透明になってる文字だから背景の色が浮き出るのです。

 

っwg

同じ要領でもう一つのオブジェクトグループも文字を流し込みます。

 

左上の黒っぽい三角形も文字を流し込んで、出来上がり。

 

ちょっとだけカッコよくなった。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す