You are here: Home » Illustrator » 初心者用のIllustratorの使い方

初心者用のIllustratorの使い方

Adobe Illustratorとは

初心者用のIllustrator

Adobe Illustratorとは Adobe Systemsが開発してるデザイン用のドローソフトで、イラスト、広告、図面など多岐にわたるデザインができ、写真やアニメーションや高度な3D以外のデザインなら、ほぼこのソフトで事足ります。今のデザイナーは基本的にこのIllustratorか、写真の加工なら同じ Adobe Systemsが開発してるPhotoshopを使います。

 

IllustratorとPhotoshopの違いを簡単に言うと、Illustratorはその名の通りイラスト作成が得意で、後述しますがベクター画像という形式でデザインします。Photoshopでやりづらい細かな修正も得意です。イラストや紙のデザインならIllustratorで写真の加工やwebの素材が得意なPhotoshopなどの使い分けをします。

 

個人的にはPhotoshopよりIllustratorの方が扱いが難しい感じですが、使えるようになるとかなり便利なデザインソフトです。

このページでは初心者さん用にIllustratorの基本的な使い方と考え方をまとめました。

スポンサーリンク

 

オブジェクトと何か?

Illustratorで作品や広告などを作る場合、必ずオブジェクトを操作します。このオブジェクトとは、物、目標物、対象という意味でプログミングでも使われる言葉ですがIllustratorの場合、

オブジェクトとはイラストその物と考えてください。

簡単な四角形でも

複雑なイラストでも、全てオブジェクトです。

なので、Illustratorを操作するとは、オブジェクトを作ったり、オブジェクトをイジったりと言う事に同じです。さらに作品が完成しwebに使う場合などは、オブジェクトの状態から、JPEG、PNG、GIF、SVGなどの形式に出力します。

 

カラーモードとは?CMYKとRGBの違い

メニュー→ファイル→新規でドキュメント(作業するファイル)を作成する時に、詳細の横の三角をクリックすると、RGBとCMYKと呼ばれるカラーモードを選択できます。

また、ドキュメント作成後でも、Illustratorのメニュー→編集→ ドキュメントのカラーモードでRGBとCMYKが選べます。

 

このCMYKとRGBは世界的に定められた、カラーモードと呼ばれる色のカテゴリーです。

 

CMYKは印刷用のカラーモードで、色の三原色のC(シアン)、M(マゼンタ)、Y(イエロー)、K(ブラック)です。合計4色使い減法混合という方法で色を作ってます。
、CMYだけでは完全な黒を表現できないのでKの黒を付け足しています。色数は様々な事情があり1万〜2万色程度です。

RGBはパソコンなどのモニター用のカラーモードで、光の三原色R(赤)、G(緑)、B(青)で色を表現し加法混合という方法で色を作ってます。色数は1677万色程度です。

 

Illustratorなどのデザインソフトで色を使う場合、あらかじめ決まった色を使います。決まった色と言うのは世界中でRGBならこの色数で、CMYKならこの色数と決まっているからです。

その理由は、デザインは多くの人に見てもらってその価値を高めます。日本で作った物でも海外で同じように表現される必要があるのです。日本の印刷所ではこの色が出せるけど海外の印刷所ではこの色が出せないなんて事は避けなけれなばいけません。モニターに関しても同じです。モニターの解像度などで変化しますが、全世界で出来るだけ同じ色を表現しなければならないのです。

だから世界的に使う色と色数は定められているのです。

CMYKもRGBも豊富な色数がありますが、絵の具で自分独自の色を作るように完全には自由ではありません。

 

とりあえず、RGBはパソコンなどのモニター用で、CMYKは紙などリアルなデザインに使う色と考えてください。

 

さらに、勘の良い人は気付いたと思いますが、CMYKよりRGBの方が色数が多いです。なので、私はいつも紙用でもWEB用でもデザインする時は、まず色数の多いRGBでデザインして完成後保存して、作ったデザインを別ファイルにコピーしてCMYKで保存してます。その際、RGBで表現できた色でも、CMYKでは表現出来ない場合があるので、多少修正はします。

このようにRGBとCMYK二つの形式で必ず保存します。これは紙でもWEBでも両方使えるようにするためです。

この理由は、RGBからCMYKに変換するとRGBの色には戻せないと思ってください。だから最初にRGBで作る事が多いのです。

 

カラー設定の統一、RGBから CMYKに変換する時

Illustratorなどのドローソフトにはカラー設定という項目がある場合があります。この設定は最初のうちはあんまり気にかけない人も多いと思いますが、DTP(印刷)で使用する画像をRGBからCMYKに変換する時、思うような色にならない場合の原因になりますので注意が必要です。

メニュー→編集→カラー設定の項目がありますが

web用の画像は「web・インターネット用」に設定して画像を作る場合が多いです。

 

印刷物に関しては「プリプレス用-日本2」という設定を多くの印刷会社推奨しています。細かい説明は省きますが印刷用=「プリプレス用-日本2」に設定と思ってた方が良いです。

Adobe Bridgeでも同じ設定ができ、他のソフトと同期ができます。

web・インターネット用とプリプレス用以外にも幾つかの項目がありますが、上の画像に書いてある通りです。

作品ごとに、カラー設定を統一をすると言うことを頭に入れましょう。

 

shift、ctrl(command)、alt(option)とドラッグ&ドロップを操作に織り交ぜて作業時間を短縮する

MacとWindowsで幾つか名称が違うのですが、選択ツール関係やペンツール関係などでshift、ctrl(macはcommand)、alt(macはoption)のどれかを押しながら操作するとショートカット操作ができます。

具体的なショートカット機能については後述しますが、何かの操作をする際はshift、ctrl(command)、alt(option)のどれかを押しながら、又は同時に押しながら操作すると特定の制作業務が捗ると考えてください。

これは、Illustratorに限らず他のソフトウェアでもほとんどshift、ctrl(command)、alt(option)はショートカットになってるはずです。『もっと早く作業できなかなー』なんて感じたら、とりあえずこの3つのキーそれぞれ押しながら作業してみましょう。

 

ドラッグ&ドロップはマウスで掴んでその後特定の場所で離す意味です。これもIllustratorを含めた様々なソフトでもショートカットになります。

後述しますが、今はショートカットは作業時間が短縮される(それは正義!)と思ってください。

 

 

ペンツールに慣れる

ここから本格的なIllustratorの使い方です。

絵を描いた事のない人がまず最初のカベになるのがペンツールの操作だと思います。

上の画像はIllustratorの画面の左側に配置されているツールボックスにあるペンツールの種類ですが、万年筆の形のアイコンをクリックするとペンツールが選択でき、ペンツールを長押しすると、ペンツールの他の機能が現れます。

ペンツールを使うとアンカーポイント、パス、ハンドルが操作出来きてベジェ曲線ができます。なんの事かわからないと思いますが、とりあえずアンカーポイントパスハンドルという物があるという事を知っておいてください。

ペンツール使い方

それではペンツールの基本的な使い方を解説します。

ペンツールの基本操作は、簡単に言えば点と点を繋ぐ作業です。

ペンツール(ショートカットはp)を選択して、任意の場所をクリックしてみて下さい、アンカーポイントと呼ばれる点が現れるはずです。

アンカーポイント=点

アンカーポイント=点

その状態で、もう一つ任意の場所をクリックしてみて下さい、もう一つのアンカーポイントが現れ、アンカーポイント同士が繋がり線が現れます。それがパスやセグメントといわれる物です。一般的にはパスと呼ばれてる事が多いのでここではパスと呼びます。

アンカーポイントが繋がるとセグメントが現れる

アンカーポイントが繋がるとパスが現れる

上の画像のようにアンカーポイントが繋がりパスが出来ました、さらに二つアンカーポイントを繋ぐ線に黒の色(後述)が付きました。

次に、アンカーポイントを一つ追加してください。パスが追加されない場合、ctrl+Z又はcmmand+Zを押して下さい、作業工程が巻き戻しされますので、巻き戻ったらアンカーポイントを三つ以上追加してください。上の画像のようにアンカーポイントを起点にして色が塗られるはずです。これは塗り(後述)を指定しているからです。

アンカーポイントを2箇所目、3箇所目、4箇所目と追加して行き、最初にクリックしたアンカーポイントを最後にクリックしてください。アンカーポイントポイントが繋がり一つのクローズパスオブジェクト(パス同士が閉じてるオブジェクト)ができました。

ペンツールを扱う時は、他にも様々な操作が必要ですが基本的にはこの繰り返しだと思ってください。複雑なイラストを作る時も基本は同じです。

 

クーロズパスとオープンパス

絵を描いた事のある人でもIllustratorを学習してると聞いた事のない言葉に出会いますが、その一つがオープンパスとクローズパス(クローズドパス)だと思います。

クローズパスを簡単に言うとアンカーポイントをアンカーポイントで閉じている意味を指します。その反対にオープンパスと言う言葉があります。これはクローズパスの逆でアンカーポイントを閉じていない事を指します。

パスが開いたままの状態だとオープンパスで、パスが閉じた状態だとクローズパスになります。

 

ベジェ曲線の意味なんて知らなくても問題ない

初心者さんとって???のベジェ曲線です。デザインを学んだ事のない人にとってベジェ曲線はなんことかわからないと思いますが、これはIllustratorの場合、アンカーポイント+パスで出来上がった曲線をベジェ曲線と言います

ベジェ曲線だと伝わりづらいのと思うので自由に変化できる曲線と考えてください、名前が聞いた事ないだけでただの線です。惑わされないでください。

自由に変化できる線

アンカーポイントを二つ以上クリックしたら、クリックしたままマウスを動かしてみてください。パスがベジェ曲線になります。上の画像のように初期段階の青い線が現れるはずです。それがハンドルと呼ばれるベジェ曲線を操作する物です

この青い線の先端をマウスで動かすと様々な形にベジェ曲線を変形させる事ができます。さらに、shiftやctrlやaltを押しながら操作すると特定の動きをさせる事ができます。

ペンツーツの使い方がわかるサイトThe Bézier Game

 

塗りと線

絵を描く時ほとんどの場合、先に線で輪郭やアウトラインを描いた後に色を塗ります。Illustratorでもそれは変わらず塗り用の操作と線用の操作があります。

塗りボックスと線ボックス

塗りボックスと線ボックス

Illustratorの作業画面の左側のツールボックスには塗りボックスと線ボックスと呼ばれる物があり、そのオブジェクトの塗りや線の色を選択する事ができます。さらにボックスのどちらでもダブルクリックするとカラーピッカーと呼ばれる色の選択画面が現れ、クリックしたボックスの色を操作できます。

カラーピッカー

カラーピッカーの使い方は、オブジェクトを選択したまま、真ん中の縦のカラーバーで大体の色を選択して左の大きな四角で細かな色を選択してOKをクリックします。また、カラーコードやCMYK、RGBも数値で入力できます。HSBについては詳しくは書きませんが、

HSB

HSB

複数のオブジェクトの色を調和させたい時は、オレンジで囲った部分の数値を近い数値にすると、色が調和すると覚えておくと仕事がはかどります。例えばBが100%な付近なら他の色も95%にする。

 

長方形ツールと楕円形ツールなどを使って様々な形を作る

ペンツールでも四角形や三角など簡単な図形から、複雑なデザインアートまで出来るのですが、簡単な四角形などはそれ専用のツールがあります。それが上の画像のツールです。長方形、角丸長方形、楕円形、多角形、スター(星)などそれぞれの操作はアイコンの通りです。さらにそれぞれのツールをダブルクリックすると、そのツール専用の操作画面(ダイヤログ)が現れ、細かな設定をすることができます。

 

レイヤーと前面と背面の関係

オブジェクトを重ねてデザインする事はいつもの事なので、オブジェクト同士の重ねの前後のついても書いておきます。同時にレイヤーについても書いておきます。

オブジェクトはそれ一つではデザインとして成り立たない事が殆どです。なので、多くのオブジェクトを重ねる事が多いのですが、重ねるオブジェクトが沢山あると、その前後の操作に戸惑う事もあると思います。

上の画像は二つの四角形のオブジェクトを重ねてます。選択した状態で右クリック→重ね順→『最前面、前面、背面、最背面』の項目が出てきますが、名前の通り最前面で選択したオブジェクトが一番前に来ます。反対に最背面を選択した場合は一番後ろに来ます。

黄緑を最背面にした場合

黄緑を最背面にした場合

この原理を理解した所で、レイヤーについて解説します。レイヤーパネルは簡単に言うと、オブジェクトを一つ一つ階層化したパネルで、前面や背面の操作を視覚化させる事とマスクさせる事も簡単にできます。

上の画像はレイヤーパネルを簡単に解説した物ですが、黄緑のオブジェクトが下に来てます、これは先ほど黄緑を右クリックから最背面にしたのでレイヤーパネルでも一番下に移動したのです。これと同じように最前面にした場合そのレイヤー内で一番上に来ます。

また細かい階層内での移動はドラッグ&ドロップで移動できます。

オブジェクト単位でもロックさせることもできます。

 

選択系ツールの主な使い方

ペンツールや長方形ツールなどでオブジェクトを複数作り様々な操作をして作品を作り上げていくのですが、一度作ったオブジェクトを再度操作する場合、『これをまた操作するよ!』とIllustratorに伝えなければ操作出来ません。なので、作ったオブジェクトを操作する最初の作業は選択系ツールでオブジェクトを選択する事から始まります。

Illustratorで必ず使う選択系ツールは選択ツールダイレクト選択ツールです。グループ選択ツール、自動選択ツール、なげなわツールは作業を効率化させたい時に使うツールですので、必ず使わなければいけないわけではありません。

選択ツールはオブジェクト全体を選択出来ます。簡単。

少しややこしいのがダイレクト選択ツールです。これは、上で書いたアンカーポイント一つ一つを選択できるツールです。

アンカーポイント単位で選択できるので、オブジェクトを様々な形に変えるの時に便利です。

ダイレクト選択ツールでアンカーポイントをドラッグ

ダイレクト選択ツールでアンカーポイントをドラッグ

アンカーポイントはshiftを押しながら複数選択できるので、一度の移動できるアンカーポイントも増やせます。

移動パネルなどでも、いろいろアンカーポイントを操作できます。

 

アピアランスパネルを使うと作業がはかどる

アピアランスパネルを簡単に説明すると、オブジェクトを複数重ねてそれぞれにアピアランス属性(塗り、線、透明度、効果)を与えて、見た目だけを変更する事ができます。

アピアランスパネルの使い方は、イラレ初心者の方には結構難しいらしく、僕も会社で質問されることも未だにあります。少し取っつき難い機能かもしれませんが、覚えるとかなり便利ですので使えるようにしておきましょう。

作品や画像はほとんどの場合、オブジェクトを複数重ねて作ることが多いです。しかも、仕事になるとクライアント、ディレクターからの修正(リテイク)はほぼ毎回あります。

このような場合、アピアランスパネルを使って作品を作ったオブジェクトはリテイクがはかどります。なぜなら、一つのオブジェクトに複数の塗り、線を使っているのでオブジェクト選択と色変更などが楽になります。

詳しくは『アピアランスパネル』の解説を見てください。

 

色を選択する3大ツールとスポイト

Illustratorにも他のソフトにも色を操作できるツールが幾つかあります。その中でIllustratorでよく使う色選択のツールは上に書いたカラーピッカースウォッチパネルカラーパネルです。

カラーピッカーは上で書いた通り簡単に色を選択できるのですが、もっと身近な色選択ツールはスウォッチパネルとカラーパネルだと思います。

スウォッチとカラー

スウォッチとカラー

使い方はオブジェクトを選択して、パネル内の色を選択するだけですが、難しく考える事はありません、ペンツールや長方形ツールなどでオブジェクトを作りパネルの色を選ぶだけです。細かな使い方は沢山ありますが、基本はオブジェクトを選択して、パネルでどの色にするか選ぶだけです。

イラストレーターcs6スウォッチパネルの使い方と解説

イラストレーターcs6『カラーパネル』の使い方と解説

他にも色選択ツール(カラーガイドやオブジェクトを采配色やKuler)はあるのですが、使いどころが限定されたりします。

 

便利なスポイトツール

スポイトツールはオブジェクトにある色やアピアランス属性をコピーして、選択しておいた他のオブジェクトに適用する事ができます。つまり、同じ色を作りたいけど、どの色か正確に把握するなどのが簡単にわかります。

色とかをコピーしたい場合、とにかくスポイトツールです。

 

三つのグラデーション

グラデーションとは、作成したオブジェクトにグラデーションという色から色への中間色を表現する事ができます。

Illustratorには三つのグラデーションを表現できるツールがあり、グラデーションとグラデーションメッシュとブレンドツールです。最初の内はグラデーションツールから始めたほうが覚えやすいはずです。

グラデーションツール

グラデーション

グラデーション

グラデーションオブジェクト

グラデーションオブジェクト

上の画像は左が白で右が黒の二色のグラデーションですが、何色でも使う事ができます。

 

使い方は、オブジェクトを選択して、ツールボックスにあるグラデーションツールかメニュー→ウィンドウ→グラデーションからパネルを出して、適用するだけです。線形、円形。角度、位置などがありちょっとややこしいかもしれません。

詳しくはイラストレーターcs6グラデーションの解説をご覧ください。

 

必要なショートカットキーを覚えましょう

メニュー→編集→キーボードショートカットで現在使えるショートカットは現れますが、全部覚える必要はありません。以下によく使うショートカットキーをまとめました。上に書きましたがWindowsとMacでaltとctrlの名称が違います。

最低限覚えておきたいショートカットキー

ctrl(Macはcommand)+Z=巻き戻し

ctrl+shit+Z=巻き戻した操作を進める

ctrl+S=保存

ctrl+C=コピー

ctrl+V=貼り付け

ctrl+alt+V=同じ位置に貼り付け

選択してalt+マウスで移動=コピーしてマウスで移動

スペースキー+ドラッグ=手のひらツールになりドラッグで作業画面を自由に移動

alt+マウスのスクロール=拡大・縮小。WindowsとMacでスクロールが逆になるように拡大縮小も逆になります。

ctrl+¥=グリッドの表示・非表示の切り替え

ctrl+R=定規の表示・非表示切り替え

shift+X=塗りと線に入れ替え

ctrl+D=直前の作業を繰り返す

Tab=ツールバーや作業用のパネルが消えて、アートボードのみになります。

/=塗りまたは線をなしにする

 

Illustratorに限らず、作業がすぐに終わらない時は30分に一回は上書き保存しておく

これはIllustratorに限った事ではないのですが、デザイン作業でもコーディング作業でもすぐには完成する事はあまりありません。なので作業中でも定期的に上書き保存(ctrl+S)しておく事をおすすめします。

IllustratorでもPhotoshopでもDreamweaverでも、どんなソフトでも必ずいつか不具合が起きると思ってください。Adobeソフトは高価なソフトで使いやすいソフトですが、だからと言って完全無欠のソフトではありません。他の会社のソフトもかなり精密なソフトです、なので、少しのズレで簡単におかしな動きをする事はあります。

環境設定と呼ばれるソフトの根幹が壊れる(修復は簡単ですが)事は結構ありますし、デザインソフトはメモリを多く消費しますので、パソコンのメモリがソフトの動作に耐えれなくなり突然終了(落ちる)事もあります。

Illustratorで作品を作ってて『もうすぐ完成だ!』って時に突然パソコンが落ちたら今までの作業が無い事になって最初からやり直しです。なので、上書き保存は作業の保険になるです。30分に一回と書きましが15分に一回でも良いと思います。とにかく気づいたらctrl+Sです。

 

上に書いた事を駆使して簡単な画像トレースを繰り返す

トレースとは簡単に言えば、なぞる事です。デザイン作業でこのなぞる作業はかなり勉強になります。「あの作品はどうやったら出来るんだ?」はこのトレースを繰り返す事で解決していくはずです。

画像のトレースを卑怯なんていう人も稀に居ますが、画像のトレースは絵の苦手な人にとって非常に便利な技です。また、トレースから様々なデザインに昇華させる事も出来ます。

試しにこの画像をトレースしましょう。

 

実際に作品を作ってみる

封筒

封筒

 

Illustrator design

Illustrator design

上の画像のアピアランスです。

ベクターデータと保存と書き出し

気づいた人もいると思いますが、Illustratorの画像は拡大しても画像が荒くなりません、これはIllustratorはベクターデータと呼ばれる形式でデザインしているからです。Photoshopはビットマップ形式と言って拡大すると画像が荒くなります。

作品は完成したら紙の場合はAIデータのまま印刷所に送り、webの場合はweb用に保存か書き出しをしてコーダーに渡すか自分で組み込む事が多いです。

 

画像の圧縮に必要なサイト

Illustratorにはweb用に保存という圧縮ツールが装備されていますが、個人的な体感では完全に圧縮しきれていない感があるので、僕の場合は圧縮サイトを使います。

PNGの圧縮ならShrink PNG files

その他ならCompressor.io

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す