You are here: Home » iPhone » バッテリーか!iPhoneの修理屋さんが為になる話をしてくれた

バッテリーか!iPhoneの修理屋さんが為になる話をしてくれた

つい最近iPhone5sが壊れましたが、しっかり修理して治ったので、得られた情報と、どんな状況だったのかログを残します。怖かった…

 

iPhoneが急に真っ暗になってうんともすんとも言わなくなった

ビビりました、かなりビビりました、MAXで本気でビビりました。

2015年4月の某日、市内の家電量販店で夕方に買い物中の時でした、LINEのやり取りを友達としていたのですが、なんの前触れもなく急にiPhoneの画面が真っ暗になりました。最初はバッテリーが無くなっただけなのだろうと思い別に気にもしないで、友達には充電して事情を話せばいいやなんて思い、帰宅し真っ先に充電機のlighteningケーブルにつないだのですが…

反応なし

いや待て待て…もう一度ケーブルを抜いて、差し込めば!カチャッ

反応なし!

いやいやいやいやいや!!!!!もう一回!!!!!!

反応なし!!!!!

ええええええええええええええええええええ!!!!!ちょっと待てーーーーーーーーー!!!!!

 

頭が真っ白になりました…完全に無反応で完全に壊れたと思いました(この間20分ほど)。しかし、人間は現実が厳しくなると、受け入れるのに時間がかかるので『なにか間違いだ!しばらく充電機につないでおけばいつもの、ビーッ!ビーッ!っと何もなかったように「ふぁ…ああ…よく寝た…」なんてあいつは目覚めるはずだ!!』と淡い期待をしたのですが、二時間経ってもなんの反応もなく…

 

完全に壊れた…

 

頭を横切ったこと

まず考えたことはデータは取り出せるのか?

次のスマホに機種変する時の代金やローンは?

待て待て待て、修理できるのでは?でもiPhoneの修理は一週間くらいかかると何かで見たことがあるので、その間の代替機は?しかし、iPhoneは代替機は無いと何かで見たことがある…その日は日曜日だったので、明日からスマホなしで一週間どうやって過ごせるのか?など様々なことを考えました。

その辺になると、焦るより冷静に分析しようという気になり、迷探偵の推理が始まりました。(大げさ)

なぜ壊れた?

どこかにぶつけたこともなく、床や地面に落としたこともない、さらに、購入してからまだ一年と少ししか経っていないのだから、まだまだ現役なiPhoneのはず

では、なぜ壊れる?

パソコンで検索しまくる

iPhone 故障 原因、iPhone 修理、 ios 不具合など30分ほど検索して、一つの文章を見つけました。

『iPhoneのバッテリーは一年から二年で大体ダメになる』という文言を見た時ぴーんときました

バッテリーの故障じゃね!!!!

そうです、最初はバッテリーがなくなったせいだろうと思ったのですが、慌てて忘れていました。バッテリーの充電切れではなくバッテリー自体が故障したのだろうと一応の結論をつけ、修理してくれるところを、さらに検索しました。

スポンサーリンク

バッテリーの故障くらいならメーカーのAppleに持っていかなくてもなんとかなる事が多い

検索した結果、市内にいつくかのiPhone修理をしてくれる業者やお店があったので、用心深い僕はすぐに連絡は取らず、さらに注意点なども検索しました。

PSEマークのある商品を選ぶべし

いろいろ検索した結果、PSEマークと言う物の存在が知りました。

PSEマークを扱ってる商品を置いてるお店は、経済産業省に一応届け出を出してる証拠で電化製品の安全許可みたいなものが降りてるという事です。このPSEマークは2001年4月1日から法律で定められたもので、このマークが無いと電化製品の製造や輸入はしてはいけないと決まってます。

厳密にいえば書類さえしっかり揃えて提出すれば受理される結構ユルい届け出で、国の審査もほとんどないらしいです。その分お店側がしっかり管理してると思いますが。

ほとんどのお店がこのマークを扱ってるはずですが、万が一って事もあるので一応iPhoneなど、その場で修理してくれる場合は一応『PSEマークですよね?』なんて失礼のない感じで聞いてみる事をおすすめします。

修理してくれるお店をGoogleでみつけ電話

幾つかの『PESマークです』と書いてあるお店をピックアップして、自宅から修理屋さんまでの距離と、修理代金を考慮して、お店を発見、しかも修理代金3500円(安い!)とあった店に電話、20代くらいの男性が電話に出ました。

僕『iPhone5sのバッテリーが壊れたんですが、今からそちらにいって修理していただけますか?』

お店の人『はい承っておりますが、どのような状態で壊れたのですか?』

状況を説明する。

お店の人『そうですね、多分その状況はバッテリーかその周辺が壊れた可能性が高いですね。』

僕『(その周辺‥?)はい、あと料金はホームページに3500円とあるんですけど…』

間髪いれず、お店の人が『ああ…半分正解ですね、サイトの上に工賃が書いてあるはずなんですけど、工賃+材料費なんですよね』

僕『 え!?結局いくらになるのですか?』

お店の人『iPhone5シリーズのバッテリー修理は工賃+材料費で7000円です』

僕『(倍じゃん、3500円の倍じゃん!!)わかりました、検討してみます。ありがとうございました。』ガチャ…

はい…最初っから7000円て書いてくだサーーーイ!!

わかってます、これでも安い方です。

そして、時間がない事に気づく、夕方のiPhone事件からすでにかなりに時間が経過していたので、気づけば夜の7時30分を回っていた、やばい…大体こういう店の閉店は8時くらいだから残り30分しかない、もう明日でいいやなんて思ったのですが、もう一軒くらい電話してみようといことで

時間を気にしながら気を取り直して、次にピックアップしたお店に電話

40代くらいの女性が電話に出て、iPhoneのバッテリーが壊れたと告げ状況を説明しました。そして、

僕『今から、そちらにいって修理していただけるのでしょうか?』

お店の女性『ううん…八時までなんですけど…何時にこれます?』

僕『多分、8時10分ごろになると思います。』

お店の女性『………いいですよ。今からいらしてください。』

よっしゃ!!これでiPhoneが復活する!!ありがとうございます!!

iPhoneの複雑さを知る

かなり急いだので8時2分前くらいに着きました。

僕『あのー先ほどお電話した○○ですが…』

お店の女性『はい、お待ちしてましたー』

お店に着くと、先ほどの女性と銀髪?のかっこいいリーゼントの40代くらいの男性が出迎えてくれました。お店はこじんまりとしてましたが、なんかセンスいいなーって感じで、iPhoneの修理屋さんなのになぜかピアノが置いてあるし、飾ってあるものが多分店主の趣味なんだなってものが沢山ありました、なんかAppleのガジェット好きな感じがすごく伝わってくるお店です

挨拶もほどほどに早速iPhoneの修理に取り掛かってくれました。

銀髪の男性が修理してくれるらしく、慣れた手つきで僕にiPhoneをバラバラにしてバッテリーの状態を調べ、何やら配線を違うソケットに差し込み『うん、多分バッテリーだね』と言った瞬間、パッとiPhoneの画面にあのアップルマークが現れました!!『あっ!ついた!』と子供見たいな声を出してしまった‥まぁそれほど安心したのですよ…

それから、バッテリー交換してる間、色々銀髪の男性と話しをしたのですが、興味深かったにがiPhoneはほとんど素人には治せないと言われたことです。

確かに、iPhoneに限らずスマホはかなり小さい機械でかなりに高性能、しかも中身を見てわかったのですが、もうギッチギチな感じでiPhoneの中で部品がせめぎ合ってる感じでした、しかも、

部品が超ちっちぇー

ネットでiPhoneの中身を見たことがあるのですが、リアルに見たのは初めてだったので衝撃でしたね、もうこれは、iPhoneの部品と分からなければ、ただのゴミと勘違いしてしまうほどの小ささです。もちろんバッテリーやチップはそれなりの大きさですが、ネジとか配線が細くてチッサイ!その一つでもなくなれば故障し修理するのにAppleから取り寄せるのだから…これは素人には治せんなと感じました…まぁ自分で修理なんて考えないけどね。

さらに、今回はバッテリーの交換で治せる状況でしたが、落としたり何かの衝撃でバッテリーに繋がっている配線が外れて壊れる可能性が結構高いと言ってました、よく考えるとバッテリーにしてもチップにしても配線と繋がってるから動くのであっって、その配線がかなり細くて小さいのだから故障の可能性はみんなが思ってるより高いしかも、メーカーの充電器以外で充電すると、電圧が違うこともあるので故障の原因になるとも言ってました。

電圧って考えた事もなかったので、こわいこわい…汗、昔lighteningケーブルが壊れて、百均でiPhone4の充電器を300円とiPhone5の差し込み口のみを200円で購入して、無理やりiPhone5sを臨時で充電した事があるので僕にとっては、他人事ではない気がしました。

百均が悪いという事ではなく、iPhoneや精密機械に使う場合は、あくまでも臨時として短期間のみ使ったほうが良いですね。

というわけで修理代金6000円で治してくれました。1000円安くなった。

今回のiPhoneバッテリー交換事件で学んだ事

iPhoneのバッテリーは1年から2年でかなり劣化する可能性が高い。やっぱりね…

修理屋さんの値段表示は工賃もプラスされる事もある。冷静に考えれば当たり前でした。

やっぱりiPhoneは衝撃に弱い、機械の中心部分ではなく配線一つでも故障したら修理しないといけない、やっぱりカバーは必須です。

充電器の電圧は思ってるより大事、メーカー製品の電圧とメーカー以外の電圧はやっぱり違うこともあるので、もし他のメーカーのものを使うなら電圧を確かめるか短期間の臨時で使用する。

一応PSEマークのことを確認する

 

なぜ、壊れたのかはわかりませんでした。多分使いすぎかな…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す