You are here: Home » Photoshop » Photoshopでわら半紙のテクスチャの作り方と墨文字

Photoshopでわら半紙のテクスチャの作り方と墨文字

っっg

スポンサーリンク

Photoshopでわら半紙っぽいテクスチャの作り方

適当に新規のファイルを作ります。今回は上のようにしました。

出来たカンバスの塗りを薄い土色(#9e6a2aっぽいの)にします。その後、フィルター→フィルターギャラリー→アーティスティックの粒状フィルムにして、粒子、領域のハイライト、密度をそれぞれ荒い目になる数値を入力okをクリックします。

新規レイヤーを作り選択したまま、カラーボックスの四角形の小さく重なる黒白をクリックします。

フィルター→描画→雲模様1をクリックします。

レイヤーパネルでオーバーレイにします。明る過ぎたら透明度を調整します。

大体こんな感じになってるはずです。

次にフィルター→表現方法→エンボスをクリックします。

プレビューでチェックしながら、 上の画像の数値のような、紙のシワっぽくなる数値を入力します。任意です。

こんな感じになってるはず。

文字を墨っぽくする。

わら半紙が出来たので、文字を作ります。

新規レイヤーを増やし、文字ツールで適当に文字を入力しします。今回は上のようにしました。

まぁ…これだけで十分墨っぽいんですけどね。

文字レイヤーを複数作ったら、そのレイヤーを選択した状態で、レイヤーメニューのレイヤーを統合をクリックすると一つにレイヤーになり、作業がやりやすいです。

次に、フィルター→その他、→明るさ最小値をクリックします。

明るさ最小値のダイヤログが現れるので、プレビューで確認しながら、3pxほど文字を太らせます。

 

次にメニュー→フィルター→表現方法→拡散をクリックします。

スクリーンショット 2015-05-25 1.21.05

拡散です。

スクリーンショット 2015-05-25 1.21.47

ダイアログが出たら、標準にチェックを入れて、OKをクリックします。

っっg

出来上がり。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す