You are here: Home » Illustrator » Illustratorで落書きオプションを使ったラフのペン画っぽいイラストの書き方

Illustratorで落書きオプションを使ったラフのペン画っぽいイラストの書き方

ノートに落書きした感じのIllustratorの使い方です。

スポンサーリンク

オブジェクトをラフっぽくする

なんでも良いのでオブジェクトを作成して、コピーをとっておきます。とりあえずブーツにしましたがその辺はお好きにどうぞ。

オブジェクトを選択した状態でメニュー→効果→スタイライズ→落書きをクリックすると、落書きオプションのダイヤログが現れます。

上の画像ような感じで任意で入力します。特に線幅間隔がポイントかもしれません。

こんな感じになります。

コピーしておいたオブジェクトを前面に重ね、メニュー→オブジェクト→クリッピングマスク→作成をクリックします。ショートカットはcommand+7かctrl+7です

はみ出していたラフが消えて綺麗になりました。

文字もだいたい同じ要領です


任意で文字を入力して落書きオプションを出します。

冒頭と同じよう任意で入力します

こんな感じになったら、アピアランスで線を追加したりしなかったり、用途に合わせて加工します。

ノートの作り方

ノートは長方形を書いて線を並べるだけです。上の画像の場合、緑の線がパスなのですが、ノートの線を一本書いたらメニュー→オブジェクト→変形→移動のダイヤログで数値を決めて、コピーをクリックして、command+dかctrl+dでコピーをどんどん作れるのですが、それでは機械っぽくなりすぎてノート感がでなかったので一本ずづ書きました。後でクリッピングマスクするのではみ出しても大丈夫です、ていうかハミ出せ!

 

下の机の色はメニュー→効果→テクスチャ→粒状をクリックすると粒状ダイヤログが現れるので、密度とコントラストも用途に合わせて入力します。簡単に出来ます。

ノートを書いたら丁度良い大きさの長方形を前面に重ねてクリッピングマスクします。

ノートが完成

後はブーツと文字をノートの前面に乗せるだけです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す