You are here: Home » Illustrator » Illustratorcs6パターンオプションパネルの使い方と解説

Illustratorcs6パターンオプションパネルの使い方と解説

このページではパターンオプションの使い方と解説をしています。

パターンオプションパネルは、cs6からの新機能で、スウォッチに登録しておける、オブジェクトをタイル状に並べたり、重ねて並べたりすることの出来る、パターンスウォッチを細かく操作できるパネルです。

パターン作りって実はめんどくさかったので皆があんまりやりたがらない作業でしたが、この機能が出てきたおかげ作りやすくなりました。

スポンサーリンク

パターンオプションの作り方とかパターンの編集の解説

パターンの作り方とパターン編集モード

メニュー→ウィンドウ→パターンオプションで、パターンオプションパネルが現れます。

パターンの作り方は、パターンにするオブジェクトを作成して、パネルメニューのパターンを作成をクリックすると上の画像のポップアップが現れ選択中のオブジェクトがスウォッチに一時的に登録された後、パターン編集モードと言うパターン作成画面になります。

パターン編集モードになると、アートワーク内の左上が上の画像のようになります。項目は見たとおりです。作成が終わると完了で一時的に登録されてたオブジェクトがスウォッチパネルに本登録され、キャンセルをクリックすると作業がなかったことになり、複製を保存はそのスウォッチのコピーを作ります。

パターンの作成例

例として上のオブジェクトを使います。オブジェクトを選択して(編集モードになってからでも、その前でもオブジェクトを作成しても良いです。埋め込み画像も使えます。)パターンオプションパネルメニューのパターンを作成をクリックすると

パターンのプレビューが現れます、これはパターンが実際どのように並ぶかのプレビューです。よく見るとオブジェクト同士がほぼ隙間なく隣り合っていて何時のものパターンと変わりません。

パターンスタイルツール

パターンスタイルツールとは直感的にパターンを操作できる機能で、クリックすると明るいグレーとくらいグレーを選べます。

明るいグレーの時は、オブジェクトを操作できます。暗いグレーの時はタイルが編集できます。

タイルの種類とレンガオフセット

これをタイルの種類の、グリッド、レンガ(横)、レンガ(縦)、六角形(縦)、六角形(横)を選ぶとタイル状に並んでいるオブジェクトの並び方を変えれます。

レンガ(横)

レンガ(横)

レンガ(横)だとこんな感じになります。

レンガオフセットとは、レンガをずらす量を選択できます。

1/5だとこんな感じです。

幅、高さ、間隔、重なり、コピー

幅と高さ横の間隔と縦の間隔はオブジェクト同士の間隔を指定できます。横の鎖マークをクリックすると縦横比の固定もでき、チェック項目でタイルの大きさをオブジェクトに合わせたり、オブジェクトと一緒にタイルを移動したり出来ます。

パターンにするオブジェクトを重ねる時に、下を前面上を前面右を前面左前面など重なり順も指定できます

 

コピーはタイルの数を選択できます。オブジェクトを並べる数を決める項目です。

altをクリックしながらオブジェクトをドラッグすると、オブジェクトがコピーされるので、普通に色を適用して豊富な色を使ったパターンができます。

パターンを作成し終わったら、完了をクリックするとスウォッチに登録されます。

後はスウォッチに登録されたパターンをオブジェクトに適用するだけです。

パターンオプションを使うとこんな感じのパターンが簡単に作れます。

スウォッチパネルにあるパターンもダブルクリックでパターンオプションが現れ、パターン編集モードになります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す