You are here: Home » Illustrator » リンク画像と埋め込み画像とは?Illustrator画像のリンクの簡単な解説

リンク画像と埋め込み画像とは?Illustrator画像のリンクの簡単な解説

このページではIllustratorの画像のリンクの解説を書いてます。

リンクパネルを使うとアートボード内の画像の情報や画像を置き換えるなど、一括管理出来ます。

スポンサーリンク

リンク画像と埋め込み画像とは

アートボードに画像を配置する時、メニュー→ファイル→配置から画像を配置できますが、その際にダイヤログが現れ上の画像のリンクをチェックするとリンク画像になり、チェックしないと埋め込み画像になります。

リンク画像

リンク画像はパソコンのファイルから呼び出してるので、aiファイルが小さく編集した画像の更新が自動、しかし元ファイルをリネームしたりファイルの場所を変えるとリンク切れになる、いわゆる張ってる状態。つまり、他のパソコンでaiファイルを再度開いてもリンクの情報も必要になります。

リンク配置した元画像を編集したときは リンクを更新で変更内容が更新されます。更新をしないとリンク切れになります。

リンク切れになると、リンクファイルが見つかりませんと出ます。この場合、ポップアップの置換をクリックして置換ダイヤログが現れるので、置き換える画像を選択してクリックで画像が置き換えられます。

埋め込み画像

埋め込み画像を配置するとファイルが大きくなりますがリンク切れの心配はないです。イラストレーターに直接画像が配置されます。他のパソコンでaiファイルを再度開くことが容易です。

保存

保存をする際はIllustratorオプションダイヤログで配置した画像を含むにチェックを入れると埋め込み画像になり、チェックしないとリンク画像になります。しかし、このチェックは入れないほうが良いと思います。画像の埋め込みは基本的に作業中にします。

画像の再設定やリンクへ移動


リンクを再設定をクリックすると、ファイルが開き、置き換えたい画像をクリックで画像が置き変わります。

リンクへ移動をクリックすると、パネル内で選択した画像がウィンドウの中央に配置されます。

リンクを更新の設定は環境設定のファイル管理・クリップボードで編集できます。最初の段階では、修正されるときも確認になってます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す