You are here: Home » デザインメモ » Adobeを学ぶ時に絶対必要なおすすめ本まとめbyAmazon

Adobeを学ぶ時に絶対必要なおすすめ本まとめbyAmazon

アドビソフトはwebやってる人にとっては必須のアイテムですが、便利過ぎて逆に覚えるのが大変と言う悩ましい問題があります。

そこを、企業は見逃さずリファレンス本を多く発売してきました、今日は僕が今まで使わせて貰ったアドビの勉強用の本まとめです。

スポンサーリンク

スーパーリファレンスシリーズ

これは、初心者さんには持ってこいの本で自分の使ってるアドビCSシリーズやCC用に合わせて必ずもっておくべきです。

丁寧に一緒に作ってくれる感じ

ソフトの機能がかなりわかりやく書かれていて、一緒に作品を作りながら学ぶ感じです。1冊終わると全て分かった気になれます。実際はまだまだ触りの部分だったりしますが、大体必要な知識はこの中に入っていると思ってる良いです。

スーパーリファレンスシリーズは、MacとWindowsとアドビのシリーズごとにも分かれているので購入する時は自分の持っているアドビのシリーズに合わせる事が必要です。

多くのシリーズを網羅している10年使えるシリーズ

ソフトバンククリエイティブが出してる本で、これも結構昔からあり、スーパーリファレンスシリーズに次いで持っておきたい本です。これも作りながら学ぶ本です。

タイトルの10年使える意味はまだみなさんが使われていると思われるCSシリーズから最新のCCまでの使い方を網羅しています。なので、10年経っても多くのアドビシリーズに対応している作りだからです。

スーパーリファレンスシリーズはそのシリーズソフト用に書かれていています。わかりやすく言うとcs6用のスーパーリファレンスならcs6のみでしか基本的に使いません。
cs5などシリーズ違いにも使えなくないですが、名称が変わったり新機能の事が書かれていなかったりしますので、必ず自分の持っているシリーズ用にしましょう、その代わりシリーズが合えば一番わかりやすい本です

10年使えるシリーズは多くのシリーズを網羅しているので、新機能や名称の違いなどもわかりやすくカバーしてます。しかし、スーパーリファレンスに比べると若干ボリュームが少ないかなと言う感じです。
そのかわり、今持っているアドビが過去バージョンで将来最新のCCに買い換える時には必ず役に立つ本です。

スーパーリファレンスシリーズは単発で中身が濃い、10年使えるシリーズは多くに対応して長く使えるかの違いです。

パーフェクトマスターシリーズ

パーフェクトマスターシリーズはアドビを極めたい人用の本です。そのアドビソフトに関する全ての事が書かれてます。本格的にアドビを使った仕事をする時など、会社に一冊は絶対に必要な本です。

アドビソフトでもなんでも分からない事があったら、まずグーグルで調べると思いますが、天下のグーグルにもまだ、載ってない事があったり、載ってても専門的過ぎて理解しづらい事が多くあります。そんな時にわかりやすくマイナーな機能を書かれれいて、上級者でも読み返す事があります。

ただ、スーパーリファレンスや10年後もシリーズのような作りながら学ぶ本ではありません、逆引きリファレンスの位置にある本です。

アドビの百科事典
パーフェクトマスターシリーズです。

パーフェクトマスターシリーズも幾つかMacとWindowsに分かれていますので、選ぶ時に自分の持ってるソフトように合わせましょう。

PS: 最強のイラレ本

会社ではイラレ屋をやってる僕でも、ここまで痒いところに手が届く本があったのか?と思う。イラレ最強のバイブル本です。デザイン業務の最大の目的は早く正確に売れる広告を作る事です。この本はプロのデザイナー用の作られていて『そんな使い方あったのか!』ってくらい効率化や裏技的な事が実践的に書かれている本です。かなり実践的で納得しながら問題解決できます。

デザイン業務は長時間の作業になる事や直しが多くある事を想定して書かれていますので、この本は作業の効率化を図りたい人や、本格的にデザインやwebの仕事をする時には持っておくべき本です。

この本を読み終わったあと随分遠回りしてたんだと思う事でしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す