You are here: Home » Illustrator » イラストレータcs6『文字・段落スタイルパネル』の解説

イラストレータcs6『文字・段落スタイルパネル』の解説

このページでは文字スタイルパネル・段落スタイルパネルの解説をしています。

文字スタイルパネルと段落スタイルパネルは、文字、段落の属性を登録しておくことができるパネルで、選択したテキストにクリック一つでそのスタイルを適用できます。文字スタイルと段落スタイルを使用すると、ドキュメント内の書式を統一できるので時間を短縮できます。

基本的には、文字スタイルパネルと段落スタイルパネルを使い、文字スタイルと段落スタイルの作成や管理を行います。段落スタイルと文字スタイルは、テキストスタイルとも呼ばれます。

文字スタイル=選択した文字の書式設定

段落スタイル=選択した段落全体

ウインドウ→書式→文字スタイル

ウインドウ→書式→段落スタイル

スポンサーリンク

文字スタイルパネル・段落スタイルパネル、メニュー解説

 

新規文字スタイル・新規段落スタイル


メニューまたはパネル下の新規スタイルを作成をクリックすると、ユーザーが任意で文字や段落を登録しておくことができます。

自分で文字を作り、文字に新たな属性を加えスタイルを作り、文字スタイルパネル、段落スタイルパネルで登録する流れです。

その際、上のダイヤログは現れるのでわかりやすい名前をつけてOKをクリックすれば、パネルにその名前が現れクリックひとつで選択した文字がその文字・段落スタイルになります。パネル下の新規スタイルを登録の場合は出ません。名前を付ける場合や変更する場合、パネルのリスト名をダブルクリックします。

段落スタイルは、文字を選択してスタイルを適用すればできます。

文字スタイルは、文字ツールでスタイルを適用したい文字を選択して

パネルのスタイルをクリックするだけです。

 

スタイルを更新・解除

文字スタイルや段落スタイルを適用した文字列に新たに何かの適用をした場合、+の記号が段落スタイルパネルに現れます。

その際、文字スタイルの再定義段落スタイルの再定義をクリックすると、新たに適用した属性などが更新されます。

解除したい場合は、属性変更を解除をクリックします。

文字スタイル・段落スタイルオプション

メニューの文字スタイルオプションをクリックすると現れます。

メニューの段落スタイルオプションをクリックすると上のダイヤログが現れます。

ここで様々な操作をしますが、ここまで行くと、インデザイン使った方がいいのでは…とも思います。

段落スタイルの読み込みは、他のドミュメントで使われている段落スタイルを読み込みます。

すべてのスタイルの読み込みは、文字スタイル、段落スタイルの両方を読み込みます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す