You are here: Home » Illustrator » イラスレーターcs6『段落パネル』の解説

イラスレーターcs6『段落パネル』の解説

このページではイラストレーターcs6の段落パネルの解説をしています。

段落パネルはイラストレーターの文字の書式設定ができます。行揃え、インデント(文章に空白を入れる字下げのこと。)などの書式のほか、ハイフンや禁則処理(行頭・行末にあると文字を自動調整する機能)、文字組み(字間のバランスを整えて、読みやすさを高める技術。)の設定などもできます。

ウィンドウ→書式→段落でパネルが現れます。

スポンサーリンク

 テキストエリア

イラストレーターで文字を入力するときは、テキストエリアを作る事でイラストレーターの文字の機能を多く使えます。

文字ツールを選択して適当にドラッグすると上の画像のように、テキストエリアができます。

文字入力は、テキストエリアを作りそのまま入力できます。間になにか操作をした場合、文字ツールを選択して、テキストエリアの周りでクリックするとボックス内に入力できます。

テキストエリアを作る場合、入力する文字の総量より大きめに作ります。バウンティングボックスが余ってしまいますが、選択ツールでバウンティングボックスを縮小、拡大できます。その際テキストは拡大、縮小しません。

テキストエリアの背景に塗りや線を入れるには、ダイレクト選択ツールでテキストエリアのバウンティングボックスを選択(文字は選択しない。)して、カラーパネルやスウォッチで色を入れることができます。角丸などの効果もでき、自由に設定できます。

 

段落パネル解説

段落パネルの上にバーコードのような、横線が7つ並んでいますが、これは文字揃えの機能です。最初の段階は左揃えです。

行揃え

左揃えは、すべての文字を左に揃えます。イラストレーターの最初の段階はこの設定です。

中央揃えは、文字をテキストエリアの中央に合わせ配置されます。

右揃えは、文字をテキストエリアの右に合わせ配置されます。

均等配置(最終行左揃え)は、最後の行以外の文字列が左右に均等に並び、最後の行は左に揃います。(均等揃え=ジャスティファイ)

均等配置(最終行中央揃え)は、最後の行が中央に揃います。

均等配置(最終行右揃え)は、最後の行が右に揃います。

両揃えは、すべての行が両端に揃います。

インデント

左インデントは、左に空白が空きます。

右インデントも同じ要領です。

一行目左インデントは、最初の文字列だけ左にインデントします。

段落ごとにアキを入れる

段落前のアキは、文字ツールで選択した、段落とその前の段落に空きを入れます。

段落後のアキは、選択した段落とその後の段落に空きを入れます。

禁則処理

禁則処理(きんそくしょり)とは、行の始めや行の終わりに使ってはいけない記号などを回避したり、字詰めや文の長さを調整したりすること処理のことです。行の始めに入れる追い込み処理と、前の行の最後の文字の1文字を次行に送る追い出し処理があります。

 

強い禁則は、弱い禁則より多くの文字を禁則処理できます。設定で細かな設定ができます。

禁則なし

禁則なしでは、行の始めに(、)句読点や(ー)長音符が現れてます。見た目が厳しいです。

弱い禁則

弱い禁則では、(則)が次の行に送り込まれ、(、)句読点が行の二文字目に来た事により、見た目がよくなりました。

強い禁則

強い禁則では、(則)と共に(ク)が次の行に送り込まれ、(ー)長音符が行の二文字目に来ました。見た目が安心できます。

追い込みと追い出しの選択はメニューから上の画像が現れるので、そこで調整します。

追い込み優先は、禁則文字をできるだけ、前の行に置きます。

追い出し優先は、禁則文字の前の文字から改行して、禁則文字ができるだけ次の行に追い出します。

追い出しのみは、追い込みをせず常に追い出しのみをします。

日本語には禁則処理は必須で、処理を行うと、文字をその行に追い込んだり,次の行に追い出したりします。字間などを確認しながら注意深くしましょう。(根気)

文字組み

文字組み設定を選択 は、用意されている基準で、句読点、行頭文字、行末文字、数字などの間隔をしていします。

約物半角は、約物に半角の間隔をしていします。

行末約物半角は、行末以外の約物に、全角の間隔をしていします。

行末約物全角は、こちらは行末も全角の間隔をしていします。

約物全角は、約物に全角をしていします。

(約物(やくもの)=句読点や括弧、などの文字と組み合わせて使う記号の総称です。)

 段落パネルメニュー解説

ぶら下がり

「ぶら下がり」の標準、強制にチェックを入れると、句読点、カンマ、ピリオドがテキストエリアの外側に配置されます。

なし

なしは、ぶら下がり処理をしません。 

標準

標準は、ぶら下がり文字をできるだけテキストエリア内の治るようにします。

強制

強制は、ぶら下がり文字をテキストエリアの少し外側にはみ出すようにします。同時に前の文字を均等配置にもします。(約物半角の例。)

禁止分離処理

分離禁則処理は、禁則処理ダイヤログの分離禁止文字に登録されている記号が、改行などで分断されるのを防ぎます。

その他

繰り返し文字の処理は、久々の(々)のような繰り返し文字を、改行した時の行の始めに置くのを防ぎ、本来の繰り返し文字を行の始めに置きます。

 

ぶら下がり文字(欧文)は、ぶら下がり文字の欧文用です。

日本語基準の行送り欧文基準の行送りは文字パネルの、行送りの基準を変更できます。

文字パネル、行送り

ジャスティフィケーションとは、文字同士の間隔や自動行送りの細かな設定をできます。

ハイフンネーションとは、行末の欧文が途中で改行される場合、適切な位置で分割しハイフンを入れます。

パネルのハイフンネーションのチェックを入れ、メニューで選択すると、上のダイヤログが現れます。

パネルを初期化は、段落パネルを初期化します。 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す