You are here: Home » Illustrator » イラストレーターcs6『アートボード』の解説

イラストレーターcs6『アートボード』の解説

このページでは、イラストレータcs6のアートボードパネルの解説をしています。

アートボードパネルは、複数のアートボード管理する事ができるパネルで、カタログなどの複数のデザインの整合性や調和を確かめながら作成するとき使う事が多いです。

一応一つのドキュメントに100個のアートボード作成できるようです。100個も使うことは稀ですが。

パネルの下に現在のアートボードの数が現れます

コントロールパネルでも細かな指定ができます。

スポンサーリンク

アートボードパネルメニューの解説

新規アートボードは、二つ目以降のアートボード作成するときに使います。クリックするだけで現在のアートボードが追加されます。

アートボードパネルにはそのアートボードの名前が表示されます。

アートボードツール

では、直感的にアートボードを操作できます。

アートボードツールを選択すると、現在のアートボードが上の画像のようになります。この状態で四隅と上下左右の白い四角をドラッグすると、アートボードが任意の形に変化します(拡大・縮小)。真ん中の白い四角をドラッグするとアートボード自体が動きます。

現在のアートボード以外の場所をドラッグすると、新規にアートボードがマウスの直感で作れます。いつも通りshft+ ドラッグで縦横の大きさが固定されて拡大・縮小されます。

アートボードの作成をやめたい場合、右上の✖️マークをクリックします。

アートボードを複製をクリックすると、現在のアートボードが複製されます。

アートボードを作成は、現在のアートボードを削除します。

空のアートボードを削除は、使ってないアートボードを削除します。

アートボードに変換は、長方形のオブジェクトをそのままアートボードに変換できる機能です。長方形以外のオブジェクトはNGです。

長方形のオブジェクトを選択して アートボードに変換を選択すると、

長方形オブジェクトがアートボードに変化します。

アートボードオプション

アートボードオプションは、アートボードの細かな設定を指定できます。

 名前は、アートボードに名前を設定できます。

プリセットは、Web、印刷・動画などに合わせた、それぞれの用途の用途に合わせたサイズのアートボードはがあらかじめ用意されています。

コントロールパネルでも指定できます。

いろいろ試してみてください。

 幅と高さは、アートボードのサイズを変更できます。

X,Yでアートボードの場所を変更できます。基準点も指定することができます。

方向は、アートボードを縦にするか横にするか選択できます。縦横比を固定はアートボードの大きさの比率を固定できます。

センターマークを表示は、アートボードの中心にポイントを表示します。

十字線を表示は、アートボードの4辺に中央に向かう線を表示します。

ビデオセーフエリアを表示は、動画の表示エリア内を決めるガイドを表示します。

 ビデオ定規のピクセル縦横比は、アートボードの定規で使用される縦横比を指定します。

表示→定規→ビデオ定規を表示で上の画像の定規を表示できます。

ピクセルの縦横比が異なる動画画面上のアートワークなどを作るときに役に立ちます。

アートボードの外側の暗い部分ををシェードと言います。

アートボード外側の領域をシェードのチェックを外すと

 

外側の暗いグレーが白くなります。

ドラッグ時に更新は、ドラッグでアートボードの拡大・縮小するとき常に明るい領域が描画されるようにします。

アートボードを再配置

ダイアログボックスでは、目的のレイアウトを選択してアートボードを再配置することができます。
アートボードのオブジェクト全体に合わせるとは、変換ではなくオブジェクトの全体に合わせてアートボードを作成する機能です。
アートボードの選択オブジェクトに合わせるとは、選択中のオブジェクトに合わせたアートボードを作成する機能です。

レイアウトは、複数のアートボードをどのように並べるかに指定です。

横列数は、アートボードを横にいくつ並べるかの指定です。

感覚は、アートボード同士の感覚を指定します。

オブジェクトと一緒に移動は、移動したアートボードと一緒にオブジェクトが移動するかの指定です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す