You are here: Home » Illustrator » イラストレーターcs6『グラフィックスタイルパネル』の解説

イラストレーターcs6『グラフィックスタイルパネル』の解説

このページではイラストレーターcs6グラフィックスタイルの解説 をしています。

イラストレーターのグラフィックスタイルとは、塗り、線、不透明度、効果などアピアランスで設定できる描画が一つのセットとして登録できる機能で、クリック一つで多彩な表現ができるようになります。パスは変化せず見た目だけ変化するのも特徴です。

グラフィックスタイルパネルは、メニュー→ウィンドウ→グラフィックスタイルから出せます。

パネルのグラフィックスタイルメニュー、またはグラフィックスタイルメニューのグラフィックスタイルを開くには、沢山のグラフィックスタイルがすでに登録されています。

グラフィックスタイルライブラリの一部

上の画像は、グラフィックスタイルライブラリほんの一部です。かなりの種類があるので、最初の内に色々試してみてください。

altまたはoptionキーを押しながらパネルのアイコンをクリックすると、クリックしたグラフィックスタイルの効果がアピアランスパネルに次々適用されます。

スポンサーリンク

グラフィックスタイルパネルメニューの解説

新規グラフィックスタイルは新たに自分でグラフィックスタイルを作成するときに使います。クリックするとグラフィックスタイルオプションが現れます、OKをクリックすると直前に選択したオブジェクトのスタイルがグラフィックスタイルパネルに登録されます。

スタイル名は任意でつけます。

パネルの新規グラフィックスタイルからも同じ操作ができます。クリックするだけで、直前に選択してたオブジェクトをグラフィックスタイルに登録できます。altを押しながらクリックするとグラフィックスタイルオプションが現れます。

もっと簡単な操作は、ブジェクトをグラフィックスタイルパネルにドラッグまたは、アピアランスパネルのアイコンをパネルにドラッグするとすると新規グラフィックスタイルに登録されます。

 

グラフィックスタイルを複製は、グラフィックスタイルパネルにあるグラフィックスタイルを複製できます。

グラフィックスタイルの結合は、グラフィックスタイルパネルにあるグラフィックスタイルを結合します。パネルのアイコンをshift+クリックで複数のアイコンを選択し、グラフィックスタイルの統合をクリックすると、複数のグラフィックスタイルの要素を乗持ったグラフィックスタイルになります。

グラフィックスタイルの削除は、グラフィックパネルで選択したグラフィックスタイルを削除します。

パネルのグラフィックスタイルを削除にドラッグするだけで削除できます。

グラフィックスタイルのリンクを削除は、オブジェクトに適用したグラフィックスタイルは、グラフィックスタイルパネルとリンクしています。そのため、一度グラフィックスタイルを適用したオブジェクトも適用したパネルのグラフィックスタイルをアピアランスで、新たに効果や属性を加えたり、減らしたりすると適用したオブジェクトも、アピアランスパネルのグラフィックスタイルの更新をクリックすると、操作したパネルのグラフィックスタイルが全て変化します。そのリンクを削除するかの選択です。パネルのグラフィックスタイルのリンクを削除でも同じ操作ができます。

グラフィクスタイルの更新とはアピアランスパネルにある機能で、リンクがあるグラフィックスタイルを適用したオブジェクトを変化させた場合、クリックすると更新します。

複数のオブジェクトに同じグラフィックスタイルを適用して、どれか一つのオブジェクトをアピアランスパネルで変化させ

アピアランスパネルのグラフィックスタイルの更新をクリックすると変化したグラフィクスタイルと同じ変化をします。

未使用項目を選択はドキュメン内で使用されていないパネル内のグラフィックスタイルを全て選択した状態にします。

名前順はパネル内のグラフィックスタイルを名前順に並べ替えます。あまり使う機会はないかもしれません。

プレビューに四角形を使用は、グラフィックスタイルのサムネイルを四角形表示にします。(最初はこの表示のはずです。)

プレビューにテキストを使用は、パネルのサムネイルをTの文字で表示します。

  

サムネール表示、リスト(大)表示、リスト(小)表示はグラフィックスタイルパネルのアイコンなどを変化させます。

サムネール表示

リスト(大)表示

リスト(小)表示

文字カラーを無効のチェックを外すと、テキストにグラフィックスタイルで設定した色が適用されなくなります。(最初の段階ではチェックありです。)

なにか特別な事がない限りこのチェックは外さないようにしましょう。 

グラフィックすタオルオプションは、クリックすると上の画像のダイヤログは現れます。冒頭でも解説しましたが、グラフィックスタイルの名前をつけたり、変えたりできます。

グラフィックスタイルライブラリを保存は、今のグラフィックスタイルパネルにある、グラフィックスタイルをライブラリに保存します。 使うときはグラフィックスタイルライブラリのユーザー定義で呼び出します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す