You are here: Home » Illustrator » イラストレーターcs6『オブジェクトを再配色』の使い方と解説

イラストレーターcs6『オブジェクトを再配色』の使い方と解説

このページではイラストレーターcs6のオブジェクトを再配色、カラーガイドパネルのカラーを編集の解説をしています。

オブジェクトを再配色はその名の通りオブジェクトの色を変更できたり、色彩を保ったまま複数の色を一度で変更したり、色を減らしたり、カラーグループを作成したり様々な機能があります。たくさん色を使用した、または複雑なオブジェクトに使うと効果的です。(カラーを編集とオブジェクトを再配色は、ほぼ同じ機能です。)

オブジェクトを再配色は編集→カラーを編集→オブジェクトを再配色、または、ツールバーのオブジェクトを再配色で現れます。

オブジェクトを再配色のダイヤログ構成

目次

  1. 編集:カラーホイール解説
  2. 指定ダイヤログ
  3. 再配色のプリセットを指定
  4. 彩色方法を指定
  5. 現在のカラーの色列の追加、分離、統合、除外
  6. 色変更、カラーバー
  7. オブジェクトを再配色のカラーグループ

スポンサーリンク

編集:カラーホイール解説

ダイヤログの指定と編集がありますが、編集から解説します。編集をクリックするとカラーホイールが現れ選択中のオブジェクトに使われている色がカラーホイールにあるマーカーで表されています。

ダイヤログの編集をクリックするとカラーホイールに変わります、丸(マーカー)が沢山ありますがそれぞれが使われている色を表してします。オブジェクトの色をバランスを保ったまま変えるには上の画像右下の鎖のマークを繋がった状態にすると、ハーモニーカラーとリンクした状態になります。shiftを押しながらドラッグすると動き方を制限できます。

例として上のオブジェクトを使います。(イラストレーターのテンプレートです。)上のダイヤログのカラーホイールの色はこのオブジェクトの色を反映してます。

鎖を繋げた状態でマーカーをドラッグすると

オブジェクト全体の色が変わりました。鎖を外した状態だとそれぞれの色を変更できます。

マーカーの位置にマウスを合わせ、右クリックするとベースカラーに設定、カラーを削除、濃淡を選択、カラーピッカーの項目が現れます。

ベースカラーに設定はベースカラー以外の色をベースカラーにするかの選択です。

カラーを削除はベースカラー以外の色を削除するかの選択です。

濃淡を選択

その色の濃淡を変更できます。

カラーピッカーはその色をカラーピッカーを使って変更できます。

カラーホイール右下にあるボタンはカラーホイールの表示を変更できます。

デフォルトではスムーズカラーホイールを表示になっています。一番色数が多いです。

色相分割カラーホイールを表示は色相ごとに分割されたホイールのになります。

カラーバーは選択してるカラーのみ現れます。カラーを選択してカラーバーかカラーピッカーで色を変更できます。

カラーバーモードのみ右側にカラー配置をランダムに変更彩度と明度をランダムに変更が現れます。

クリックすると、配列、彩度、明度をランダムに変更できます。ランダムで色の変更しますが、色の変更を一度のクリックで全体の色を変更できるので使い方によってはかなり便利かもしれません。

カラーホイールの明度と彩度のどちらかを選択してボタン下のバーで変更できます。

 

 

 

指定ダイヤログ

ダイヤログの指定をクリックすると選択中のオブジェクトの色が横バーの形で縦に並んで現れます。

編集タブ構成

配色オプションと指定ダイヤログの機能は似ているので同時に解説します。

配色オプション機能は、配色変更後の彩色ルールを設定できます。

配色オプション構成

再配色のプリセットを指定

  

再配色のプリセットを指定は使用する色をスウォッチライブラリや1色〜3色やカラーハーモニーで制限するときに使います。

例として3カラージョブを選択すると、

jjj

色数が制限されました

カラーライブラリは使用するカラーをスウォッチライブラリから選択できます。

1カラージョブ、2カラージョブ、3カラージョブは使用する色を1〜3色に制限します。その際色を特色などに制限できます。

カラーハーモニーは使用する色をカラーハーモニーを使い再配色します。

 プリセットは指定ダイヤログと同じ用途です。

  

カラーは単純に色数を指定します。プリセットと似ている機能です。

  

ソートは選択中の色列を並べ替える方法を指定します。

色相は正方向に並べるか、逆方向に並べるかの選択です。

明度は明るい色から並べるか、暗い色から並べるかの選択です。

彩色方法を指定


  

彩色方法は色の変更後の彩色ルールを設定できます。

見た目は違いますが、指定ダイヤログの彩色方法の指定と、ほぼ同じ機能です。

変更しないは全てのカラーを指定の色にします。

色調を維持は特色、グローバルカラーで今の色調が維持されます。

色調スケールは、横バー内の一番暗い色を基準に、他に色をより明るくします。最初はこの設定になってます。

淡彩(たんさい)と低明度は行内で明暗が平均的な色を基準に、横バー内の他の色は、その明暗に従って色をより明るくした暗くしたりします。特色を保持にチェックを入れると選択できません。

色相のシフトは、横バー内で平均的なカラーを基準に、他の色はその明度、彩度、色相に従って、色を変化させた色調にします。同じく特色を保持にチェックを入れると選択できません。

ライブラリを限定は、使用する色をスウォッライブラリに限定します。

保持は、再配色に加える色を外す時使います。

現在のカラーで確認したい色がある場合、このボタンをクリックすると、オブジェクトで選択した色以外が白抜きされます。

赤を選択したので、赤以外が白抜きされ、どのように色が使われているかわかりやすく見えます。他の色を選択しても選択した色以外は白抜きされます。

現在のカラーの色列の追加、分離、統合、除外

現在のカラーの横バーは他のドラッグで色を追加したり、除外したりできます。追加した色はクリックで選択でき、shiftクリックで複数選択できます。

色列で右クリックしても同じ機能があります。 

新規列を追加は横バーの色列を新たに追加します。

 

選択したカラーを再配色の対象から除外は、横バーの色列で除外したい色がある場合その色を選択して、ボタンをクリックすると除外されます。

 

 選択カラーを新規列として分離は、shiftクリックで色を複数選択後、単色に分離したい場合にクリックできます。しかし、ドラッグした方が簡単です、

 カラーを一列に統合、単色の色を複数選択した後クリックすると、一列に色を複数にできます。しかし、ドラッグの方が簡単です。

色変更、カラーバー

選択したオブジェクト

選択したオブジェクトに使われている色が横バー列に全て現れます。ダイヤログを見ると全部で21色(現在のカラー)が使われています。この色を変更するとオブジェクトもリアルタイムで反映されます。

色の変更は変更したい色を選択して、パネル下のカラーバーで変更します、例として、現在のカラーの一番上の赤色をクリックしてカラーバーで色を変えると

選択した赤の色だけカラーバーと同じ青色になりました。

調整スライダーのカラーモードを調整は、カラーモード等を変更できます。

カラーバー横に色をスウォッチスウォッチライブラリの色の制限できる機能があります。

オブジェクトを再配色のカラーグループ

オブジェクトを再配色の横にカラーグループのリストがあります。スウォッチパネルにあるカラーグループが反映され、選択するとオブジェクトもそのスウォッチの色に制限されます。

スウォッチパネルにある最初からあるスクリーンショット 2015-01-16 23.28.05Webカラーグループを選択すると、オブジェクトもそのスウォッチの色に制限されました。

新規カラーグループでは、オブジェクトを再配色で色の編集したあとその色群を保存したい場合に使います。

 

例として、上の色をカラーグループにします。

新規カラーグループをクリックすると、オブジェクトを再配色のカラーグループに新たなカラーグループが追加され

スウォッチパネルにも、そのカラーグループが追加されます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す