You are here: Home » Illustrator » イラストレーターcs6『パスファインダーパネル』の使い方と解説

イラストレーターcs6『パスファインダーパネル』の使い方と解説

パスファインダー


パスファインダーは複数のオブジェクトを合体させたり、分割(分離)させたりして、オブジェクトを新たな形にする事ができ、複合シェイプを作成する事ができます。

例 上の画像は水色とピンクのオブジェクトをハートの形に重ねてます。オブジェクトが重なった状態でパスファインダーパネルの形状モードの合体を使うと

前面のピンクのオブジェクトの色に合わせて合体、一つのハートの形になりました。複数のオブジェクトを重ねて選択した状態でパスファインダーパネルの形状モードを使うと用途に合わせた効果が現れます。 

目次

  1. 形状モード
  2. 前面オブジェクトで型抜き
  3. 交差
  4. 中マド
  1. 複合シェイプとは
  2. パスファインダーパネルのパスファインダー
  3. 分割
  4. 刈り込み
  5. 合流
  6. 切り抜き
  7. アウトライン
  8. 背面オブジェクトで型抜き
  1. パスファインダーパネルのメニュー解説
  2. パスファインダーオプション
  3. 余分なポイントを削除
  4. 分割およびアウトライン時に塗りのないアートワークを削除
  5. 複合シェイプを作成、解除、拡張

形状モードはパスや、複合シェイプを作成する事ができ、複数のオブジェクトを重ねると、形を合体やくり抜きなどができます。

スポンサーリンク

前面オブジェクトで型抜き

わかりやすいように、この画像を変化していきます。

前面オブジェクトで型抜き

前面オブジェクトで型抜きを使うと、重なっている前面のオブジェクトを基準に後ろのオブジェクトを型抜きします。

交差

交差を使うと重なっているオブジェクトの部分だけを残して切り取られた状態になります。

中マド

中マドを使うと重なってるオブジェクトを切り取った状態になります。

複合シェイプとは

形状モードは、Altキー押しながら各ボタンをクリックすると、複合シェイプを作る事ができます。複合シェイプとは複数のオブジェクトに形状モードを使うとオブジェクトは一つのパスになり、その後の編集が限られますが、複合シェイプは形が変わったように見えますが編集前のオブジェクトは保存された状態ですので、編集が豊富にできます。つまり、altを押しながら項目をクリックすると、拡張前の状態です。

altを押しながら形状モードの各ボタンをクリックすると合体や型抜きに使ったパスが残ったままになります

その状態でアンカーポイントの追加を使い、ダイレクト選択ツールでポイントを動かすと

このように編集が可能になります。編集後に拡張をクリックすると編集できなくなりますが、形が完成します。あくまでも一例で、他にも編集方法があります。
cs3まで拡張をクリックしないとオブジェクトが完成しませんでしたがcs4から形状モードの項目をクリックするだけで完成します。cs4以降逆になりました。

パスファインダーパネルのパスファインダー


パスファインダーはパスを加工するので、後からの修正が出来ません。また、パスファインダーを使うとオブジェクト同士がグループ化されるので用途に合わせて、メニューバーからオブジェクト→グループ解除、またはショートカットの(Mac) command + Shift + G (Win) ctrl + Shift + Gをしましょう。

分割

分割は重なっているオブジェクトのパスを基準に切り分けられ、隠れているオブジェクトはなくなります。

刈り込み

刈り込みは、前のオブジェクトを基準に後ろのオブジェクトを切り取り、重なって隠れた部分と線がなくなます。

合流

合流変化元画像

合流は刈り込みと似ていますが、同じ色にオブジェクトがあると合体し、線もなくなります。

切り抜き

切り抜き変化元画像

切り抜きは最前面のオブジェクトは無くなりますが、その形で後ろにあるオブジェクトを切り抜く事ができます。上の画像の場合、黄色の丸は無くなりますが、丸く切り取られた状態になり、線もなくなります。

アウトライン

アウトラインはオブジェクトのアウトラインを作り、線にする事ができます。その際、オブジェクトの塗りに合わせた線の色になります。

アウトライン線幅1px

その後にグループ解除して線幅を変えると画像にようになります。

背面オブジェクトで型抜き

背面オブジェクトで型抜き元画像

背面オブジェクトで型抜きは、文字通り後ろにあるオブジェクトの形で切り取られます。

パスファインダーパネルのメニュー解説

パスファインダー(トラップ)

トラップ(トラッピング)とは印刷する時に色が隣接する部分にわずかに色を重ねて処理することをトラップと言います。印刷するときに上に塗られている色がズレたりすることもありますので、それを補う処理です。

上の画像を印刷するときオーバープリントを無効にすると(オーバープリントについては属性パネルの解説ページで詳しくします。)

Web Clubの文字の下は白抜き(紙)されて印刷されます。その際、印刷機に大量のインキが流入しわずかにはみ出したり、印刷中に紙の移動によって版ズレしたりするときがあります。

その結果、白(隙間)が見えた状態で印刷される事もあるので、それを補うために、トラップをします。やり方は選択してトラップのOKをクリックだけです。

黄色の文字に背景の水色っぽい色がフチどられています。これがトラップです。フチどられる色はトラップするオブジェクトの色に合わせて自動的に決まるようです。これで上のインキが少しズレても背景に似た色がフチどられているのでとりあえず安心です。小さい文字をトラップすると読みずらくなったりします。

設定でトラップの太さ高さ/幅濃度の減少(トラップの色の濃度を変えれます。)を操作できます。

プロセスカラーでトラップはCMYKでトラップします。

逆トラップは現在のトラップの色を前面の色と背景の色を基準にして逆の色にします。

印刷に関することは基本的に印刷会社の指示に従います。

〜の繰り返しは直前に実行した作業の繰り返しができます。画像は分割ですが、直前に実行した作業が中マドなら中マドに繰り返しになります。

パスファインダーオプション

パスファインダーオプションはパスファインダーに関する詳細を操作できます。

余分なポイントを削除はその名の通り、余分なポイント(パス)を削除します

上の画像をパスファインダーの形状モードで合体させると

余分なパスが残ります。ここで、余分なポイントを削除にチェックした状態で合体すると

余分なパスが消えました。これはアンカーポイントの削除ツールでもできます。

精度はパスファインダー効果を与えるオブジェクトのパスをどの程度正確に行うかが決まります。ほとんどの場合、初期状態の0.028で問題ないです。

分割およびアウトライン時に塗りのないアートワークを削除は、パスファインダーの分割またはアウトラインを使った時、塗りのないアートワークができる事があります。それを残すか残さないの選択です。

例 上のオブジェクトを分割すると

このように塗りのないアートワークができてしまう事もあります

 アートワークですので編集もできます。

そのアートワークを残すか残さないかの選択です。

チェックを入れると塗りのないアートワークは分割、アウトライン作成時に残りません。

複合シェイプを作成、解除、拡張は、任意で複合シェイプを作成でき、解除や拡張もできます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す