You are here: Home » Illustrator » イラストレーターcs6『整列パネル』の使い方と解説

イラストレーターcs6『整列パネル』の使い方と解説

整列パネル

このページではイラストレーターcs6の整列パネルの解説をしています。

Ai_cs6_ 整列パネル

 整列パネルは、オブジェクトを整列させることができ、等間隔でオブジェクトを分布する事もできます。

目次

簡単な使い方
プレビュー境界を使用
キーオブジェクトをキャンセル

簡単な使い方

整列参考画像01 例えば、バラバラのオブジェクトを全部選択して

整列参考画像02 オブジェクトの整列を使えばクリック数回で寸分の狂いなく整列できます。

Ai_cs6_オブジェクトの整列

オブジェクトの整列には垂直と水平合わせて6コの項目があるので色々試してみてください。

ピクセルグリッドに整合のチェックを外すことも考える

ピクセルグリッドに整合にチェックが入っていると、アートボードのピクセルに合わせて整列するので、思うように整列できない場合は、変形パネルのピクセルグリッドに整合のチェックを外すことも考えましょう。

分布は複数のオブジェクトを分布させる事ができます。

Ai_cs6_オブジェクトの分布

ai_cs6_ 分布参考画像01 バラバラのオブジェクト全部選択してスクリーンショット 2014-12-18 21.11.27垂直方向中央に分布をすると

ai_cs6_分布参考画像02  オブジェクトの中央を基準に縦方向に均等に並びます。他の項目も同じ要領です。

さらに、整列と 分布を使えば簡単にオブジェクトが等間隔で並びます。

ai_cs6_等間隔分布01 例 バラバラのオブジェクトを

ai_cs6_等間隔分布参考画像02 水平に整列させて

ai_cs6_等間隔分布参考画像03 ai_cs6_水平方向に分布なんでもいいので、水平方向に分布させると等間隔で並びます。垂直も同じ要領です

ai_cs6_等間隔分布、整列

整列パネルのオプションを開くと等間隔に分布と整列の選択項目が出てきますが、等間隔に分布は言葉通り等間隔に分布できます。垂直方向等間隔に分布と水平方向等間隔に分布が選択できますが、これは上記で示した方法でもできます。

この項目がある理由は、キーオブジェクト(複数のオブジェクトの中で一つのオブジェクトを基準にして整列や分布させる方法です。(後述))を設定すると間隔を数値で選ぶためにあると思います。しかし、ほとんど使う機会はないかと思います。

整列は何を基準に整列させるかを選択できます。選択範囲の整列はオブジェクトの選択範囲で整列します。キーオブジェクトに整列は一つ決めたオブジェクトを基準に整列させる方法です。アートボードの整列はアートボード全体で整列させる方法です。

これはコントロールパネルからもできます。

基本的に選択範囲に整列で問題ないと思います。

スポンサーリンク

整列パネルのメニュー解説

ai_cs6_整列パネルメニュー

プレビュー境界を使用にチェックを入れると線の幅や効果が適用されている範囲も含めたバウンディングボックスが選択範囲になります。

ai_cs6_プレビュー境界01プレビュー境界なし

線を太くした四角形にドロップシャドーをかけたオブジェクトですが、プレビュー境界チェックなしですと、線のパスを基準にします。

ai_cs6_プレビュー境界02 プレビュー境界あり

プレビュー境界チェックありですと、プレビューされているオブジェクトの端を基準に選択できます。この場合、透明ですがドロップシャドー効果がかかってる範囲を基準になります。

整列はオブジェクトのパスを基準の整列しますので、以下の画像のようになります。

ai_cs6_プレビュー境界整列01

プレビュー境界チェックなし(垂直方向上に整列の場合。)の場合、パスを基準に整列するので上の画像のようになります。

ai_cs6_プレビュー境界整列02

プレビュー境界を使用にチェックが入っていると、アートボード上にプレビューされている領域を基準に整列します。

ai_cs6_プレビュー境界環境設定

プレビュー境界は環境設定→一般からも操作できます。

キーオブジェクトをキャンセルとは、整列させる複数オブジェクトの一つを基準に整列させるか、させないかです。

ai_cs6_整列パネルキーオブジェクト01 整列させるすべてのオブジェクトを選択して

ai_cs6_整列パネルキーオブジェクト02

ai_cs6_整列パネルキーオブジェクト03  その後に整列や分布をするとキーオブジェクトを基準に整列や分布します。

上の画像は水平方向左に整列ですが右のオブジェクトをキーオブジェクトにしたので右側に集まります。

これを、ai_cs6_整列パネルキーオブジェクトをキャンセルキャンセルするかしないかの選択です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す